「Finland / Kaj Franck Fair」2019.6/8(sat)-23(sun)

blogにアクセスして下さりありがとうございます。

梅雨の季節ですね。

紫陽花を眺めたり、雨の音を聴いて静かに過ごしたり、

気分転換しながら夏を迎えたいですね。

 

6/8(土)よりFinlandのKaj Frack(カイフランク)フェアを開催します。

没後30年経った今でも世界中で愛されているテーブルウェア、

不朽の名作/KILTA(1953-74年キルタ)・TEEMA(1981年ティーマ)にフォーカスしました。

KILTAはARABIAで発表され、TEEMAへと受け継がれ現在はiittalaで作られています。

KILTAからTEEMAへのフォルム・カラー・釉薬のかかり方・

素材の移り変わりも時代の空気を感じます。

1953年にKILTAが発表された頃は、

装飾的、多数ピース、華美なテーブルウェアが主流の時代でした。

「Smash the Service!(ディナーセットを粉砕せよ)」というコンセプトより、

幾何学・直線フォルム、コンパクト、スタッキング、装飾は色のみ、

実用的、機能的で値段も安く、多目的、そして全体を包む空気は温もりも感じる。

他のどんなアイテムに合わせても調和する。

当時の食器のイメージとは違う画期的なデザインが発表されました。

そして、ARABIAとしては初めてのスクエアプレートが登場しました。

当時の空気を熟考した上でのKaj Franckの大きなチャレンジが、

今も毎日新しさを持ったタイムレスデザインとして生き続け、

世界中の食卓を彩っています。

そして、Kaj Franckは日本に興味をずっと持っていたのもあり、

何度か来日し、日本のデザイナーとも交流を持っていたので、

和食にも似合うデザインなのもうなずけます。

小さな販売にはなりますが、ご来店お待ちしております!

 

 

Kaj Franck(カイ・フランク)

1911-1989

ヴィーブリ(現ロシア)生まれ。

ヘルシンキ中央産業工芸学校(現・ヘルシンキ美術デザイン大学)で

家具設計を学び、卒業後はTaito社(照明器具)、RIIHIMAKI社(ガラスメーカー)の

カタログのグラフィックデザイン、インテリアショップのウインドーディスプレイ、

テキスタイル、ポスターデザイン、家具デザイナーとして活躍。

1945年、兵役から戻ったカイに当時ARABIAのアートディレクターを務めていた

Kurt Ekholm(クルトエクフホルム)から誘われ、

新しく始めるプロダクトデザイン部門のアートディレクターとなる。

当時は食器デザインの経験はまったくなかったが、

それまでの家具やテキスタイルの作品から感じられる才能と

カイの礼儀正しくユニークな人柄をクルトが見初めた。

1945-61までARABIAで食器をデザイン。

1950-76までNUUTAJARVI(ヌータヤルヴィ)のデザイナー。

それぞれのアートディレクターを務め、母校の大学でも教鞭も。

幼少期より自然、動物、花、植物の好きな天真爛漫な子供だった。

1989年、9月26日、カイは78歳で旅先のギリシャ・サントリーニ島の

美しい海で大好きだった泳ぎを楽しんで砂浜に上がり戻ってくる

ところで亡くなった。

 

 

→ NEWアイテム随時更新中

Mies Online shop

 

 

 

 

 

 

New Item入荷のお知らせなどしています!
 Mail Magazine登録

 

 


 

 

 

 

 




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ABOUT US

Mies(ミース)は
東京・西荻窪の路地にあります。
北欧デザインと雑貨を中心に
セレクトした小さなお店です。
東京都杉並区西荻北3-22-5 1F
TEL03-6913-6470
info@mies-home.com mies.jpn@gmail.com
営業時間13:00-19:00
日・祝13:00-18:00
定休日・月火



WEB SITE

http://www.mies-home.com

ONLINE SHOP

http://shop.mies-home.com

CALENDER

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENTS

SEARCHING