■Finland・Annansilmat(アンナンシルマ)ブラシとモミの木バスケットフェア9/20(水)-10/1(日)■

 

秋の気配を感じる時期になりましたね。

期間限定・9/20(水)-10/1(日)に、

FinlandのAnnansilmat(アンナンシルマ)ブラシとモミの木バスケットフェアを開催致します。

 

Annansilmaは1919年にタンペレの視覚障害者団体が

ヘルシンキのラウリ通りにお店をオープンしたのが始まりです。

作り手は400人位で、

どこか懐かしく温かい雰囲気のある天然素材のプロダクトで、

お花のマークにも心和みます。

写真の他にボディブラシ、ほうき等…色々ございます。

アンナンシルマは私がフィンランドに行った時、雨降る中、
行きたい場所に行けなくてウロウロしていた時に偶然見つけたお店
お店のお姉さんも優しくて、温かみのあるプロダクトを夢中で見た記憶があります。
Miesでもそんな雰囲気を少しでも味わって頂けたら幸いです。
 

バスケットは3サイズで、

中敷き、カバーにもなるリバーシブルのマット付き。

(フィンランドのファブリック)

 

実店舗のみ10日間にはなりますがお越し頂けますと幸いです。

ご来店お待ちしております。

 

 

Annasilmät-Aitta

歴史

1919年にタンペレの視覚障害者団体が

ヘルシンキのラウリ通りにお店をオープンしたのが始まりです。

1924年にいくつかの視覚障害者の団体が共同でお店を買収し、アンナ通りに移転しました。

2003年に現在の名称Annasilmät-Aittaアンナンシルマ(ット) ― アイッタになり

2004年からイタケスクスにある Iiris(イーリス)に拠点を移しました。

フィンランドでは視覚障害者の手芸品は、

1800年代には始まり、主にカゴやブラシなどを作っていました。

その後、1980年代から枝編み細工(柳編み)やポッパナ織りなども作るようになりました。

Annasilmät-Aittaでは視覚障害者の手芸品を主に扱っております。

作り手はフィンランド全国で約400人おり、商品を通じて皆様と、

作り手との距離が縮まれば幸いです。

 

 

 

 

 

フィンランドで育った大きなモミの木。

その樹皮を切り出して作られたフィンランドの伝統的なバスケットです。
職人さんの手によってひとつひとつ丁寧に編み込まれ、しっかりとした作りで、
使えば使うほどにあめ色に経年変化し、長くお楽しみいただけます。

 

 

 

 

 

→ NEWアイテム随時更新中
Mies Online shop

 



New Item入荷のお知らせなどしています!
 Mail Magazine登録



 

 

 

 

 




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ABOUT US

Mies(ミース)は
東京・西荻窪の路地にあります。
北欧デザインと雑貨を中心に
セレクトした小さなお店です。
東京都杉並区西荻北3-22-5 1F
TEL03-6913-6470
info@mies-home.com mies.jpn@gmail.com
10月営業時間13:00-20:00
日のみ13:00-19:00
定休日・月火と13(水)
※10/9(月・祝)は13-19時営業


WEB SITE

http://www.mies-home.com

ONLINE SHOP

http://shop.mies-home.com

CALENDER

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENTS

SEARCHING